カードローンやキャッシングは利用限度額を増額させることが出来ます。

一昔前は増額の度に契約書を書かなければいけないなど非常に手間がかかるものでしたが、今は審査をクリアすれば簡単に限度額を上げてもらうことが出来ますので直ぐに借り入れすることが可能です。

利用限度額は上がれば口座に振り込んでもらったりカードを使用してATMから即座に借り入れすることが出来るようになります。

ただ手続自体は簡単であっても、増額させるのはそう簡単なものではありません。

どうすれば限度額を増額させることができるのか解説していきたいと思います。

限度額を増額するためには審査がある!

カードローンやキャッシングの増額で重要となるのが取引期間と利用実績です。

取引期間とは利用している期間がどれだけあるかということです。

どれぐらいの取引期間が必要かは金融業者ごとに異なりますので一概には言えません。

ただ目安としては半年~1年は見ておいたほうが良いです。

というのも、利用限度額の増額の可能性があると金融業者の方から増額の案内が来ることがあり、その案内のタイミングが利用開始から概ね半年~1年になるケースが多いからです。

ただ、最近の増額の傾向として取引期間が長くなりつつあります。

それだけ増額に対する基準が厳しくなっているといえるでしょう。

増額するために必要な条件・期間は?

取引期間が重要視されるのは、利用者の信用を調査し、貸付が可能かどうか十分な返済能力を有しているかどうかを調べる必要が有るためです。

利用から1ヶ月程度しか経過していないような人ですと信用がまだわからない状態ですから、増額するのは難しくなります。

そして取引期間とは単に利用開始日から期間が過ぎていれば良いというわけではありません。

きちんと実績が伴っていなければ増額させることは出来ません。

例えば増額させるために必要な取引期間が半年以上必要という場合は、月に最低1度以上半年間返済した場合に条件クリアとなります。

1ヶ月間に6回返済したからといって半年間の取引があるとみなされるわけではないのです。

そしてこの間に一度でも返済に延滞があると増額審査をクリアすることは難しくなりますので返済を遅れずに行うことが大切です。

いざ増額審査に申し込んでも否決になったという方は結構多いです。

返済遅延は増額審査でかなり不利!

ではどんな人が増額審査に通らないのでしょうか?

増額審査に通らない人に多いのが返済の延滞です。

カードローンは信用貸しですから信用をなくすような行為をする人には貸し付けできません。

返済の延滞は正に最たる例で、1週間以上の延滞をしていると先ず増額審査に通ることはないと思ったほうが良いです。

また消費者金融で増額する際は総量規制が絡んできますので総量規制に寄って貸付禁止になる人もいます。

例えば年収が300万円の人が100万円借りている場合は消費者金融で増額させることは出来ません。

カードローン利用中に転職して勤務実績が半年未満の人も増額させることは難しいです。

勤務実績は返済能力を図る上で非常に重要となる項目ですから、勤務実績が短いうちは収入が不安定と見られやすいです。

返済の延滞は他社借入も対象となります。

いくら増額を希望する借入先で返済がキチンと出来ていても、他の借入で返済を延滞していては意味がありません。

他社借入がある人はそちらもきちんと遅れること無く返済するようにしましょう。

そもそもカードローンの初回限度額はいくら?

そもそもカードローンを利用する際の初回の限度額はいくらぐらいになるのでしょうか?

増額するにはそれなりに時間と利用実績を必要としますので、それであれば初めから高額借り入れをしてしまったほうが早いような気がしますよね。

カードローンの初回限度額は基本的に少額スタートとなるケースが殆どです。

他のローンと違って担保も保証人もありませんので金融業者にとってはリスクが大きいです。

ですからいきなり高額な貸し付けをしてしまい返済不能となってしまうと業者側としても困ってしまいますので、始めは様子見で少額貸し付けになることが多いのです。

金額にして10万円~20万円、多くても30万円が相場となり、それ以上借りるのは稀と思ったほうが良いでしょう。