カードローンの申し込みに必要な書類は基本的に本人確認書類のみとなります。

しかし本人確認書類とは別に書類を提出しなければいけない時もあります。

それは何の書類かといいますと収入証明書です。

ローンを組まれたことがある人であれば収入証明書も必要なのはご存知かと思いますが、初めてローンを利用する方の中にはなんで収入証明書が必要なのと疑問に思う方もいるでしょう。

ですがカードローンの場合は必ずしも収入証明書が必要になるわけではありません。

中には収入証明書は絶対に必要だと思っていたのに収入証明書不要だと怪しいと変に不信感を抱いてしまうことでしょう。

今回は何故収入証明書が必要なのか、そしてどうして収入証明書が必要なところと不要のところがあるのかについて解説していきたいと思います。

なぜ収入証明書を提出しなければいけないのか?

消費者金融からの借入は年収の3分の1以下までとされており、これを超える金額を借りることは禁止されています。
これを総量規制といいます。

ですから消費者金融では申込者の年収を確認するため収入証明書の提出が必要となるのです。

カードローンを取り扱っているのは何も消費者金融だけではありません。

最近は銀行でも個人向けの少額貸し付けに力を入れておりカードローンの利用が可能な銀行は多いです。

ですが銀行は総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1以上を借りることが可能です。

銀行の場合は銀行法に基づいて運営されていますので、収入証明書不要な場合があります。

ですが収入証明書は必ず提出しなければいけないというわけではありません。

基本的に定められた条件に該当しない場合は収入証明書は不要となるのです。

ではその条件とは一体どのようなものなのでしょうか?

収入証明書が必要な時の条件は何?

収入証明書が必要になる条件は2つです。

1つは1社からの借入限度額が50万円を超える場合です。

そしてもう1つは他社借入額と新規借入限度額を合算して100万円を超える場合です。

上記いずれかの条件に当てはまる場合は新たに申し込みするカードローン会社に対し収入証明書を提出しなければいけません。

逆に言えばこれに当てはまらない場合は基本的に収入証明書は不要ということになります。

とは言え、金融業者としては最後まで返済してもらうために十分な収入を得ていない人には貸し付けを行いません。

その為、ある程度の借入であれば収入の確認をしなくても審査基準をクリア出来ていれば問題ないと思われる金額だけ収入証明書不要としています。

収入証明書にはどのようなものがあるのかご存知でしょうか?

金融業者によって微妙に異なりますが基本的には・源泉徴収票・住民税課税決定通知書・納税証明書・所得(課税)証明書等が収入証明書として認められています。

銀行は総量規制の対象外となりますので、収入証明書が必要になる条件が異なります。

銀行の場合はそれぞれ独自に収入証明書提出条件を決めています。

ですから50万円以上で書類が必要なところもあれば300万円まで書類は不要という銀行もあります。

ただ、いくら収入証明書が不要だからといって自分の収入を偽ったりするようなことはしてはいけません。

申込内容が虚偽だとバレれば利用制限が掛かる可能性がありますし、何よりも収入と返済に無理が生じてしまい自分自身を苦しめる結果になってしまうこともあります。

収入証明書不要で借りれるからといって自分の収入を嘘をついていいというわけではありませんので注意してください。

収入証明書不要で借りれる業者は怪しいと思うかもしれませんが、いくらまでなら不要といったようにきちんと制限を設けているところであれば特に問題はないと思ってよいです。

収入証明書は用意するのにやや手間がかかるものです。

ですからそれを不要にすることで利用のハードルを下げより気軽に利用してもらおうとしているだけなのです。