プロミスは収入証明書は不要にできる?必要書類は何?
プロミスの申込には収入証明書は必ず提出しないといけないのでしょうか?

ここではプロミスでは収入証明書は不要なのかどうかについて解説していきたいと思います。

プロミスの公式サイトはコチラ

 

プロミスで審査の時に収入証明が必要なときは?

プロミスで審査の時に収入証明が必要なときは?
プロミスでは審査時に必ず収入証明書が必要となるわけではありません。

プロミスでは、ある一定金額を超える借り入れをする場合に原則として収入証明書が必要となり、基本的に収入証明書不要で融資を受けることが出来ます。

ではどんな場合にプロミスの審査で収入証明書が必要となるのでしょうか?

まず1つ目に、プロミスからの借入希望額が50万円を超える場合です。

そして2つ目に他社からの借入残高とプロミスからの借入希望額が100万円を超える場合です。

上記いづれかに該当する場合は、総量規制という法律上、プロミスの審査の際に収入証明書を必ず提出しなければいけません。

総量規制についてはこのページを参考に

 

例えばプロミスからの借入希望額が40万円だとしても、他社から既に70万円ほど借り入れしている場合は、プロミスの審査時に収入証明書を提出することになります。

基本的に収入証明書不要なのは、「申込者の勤務先である会社の事を調べれば大体の収入額は知ることができる」からです。

しかし限度額が高くなるとプロミスもそれだけ大きなリスクを抱える異なるため、より慎重に審査を行なう必要があるので、プロミスの審査の時に収入証明書を提出しなければいけないのです。

ちなみに自営業や個人事業主の場合は申込金額に関係なく、プロミスの審査では収入証明書を提出しなければいけません。

一般の会社員とは異なり会社情報を調べても収入を把握することが難しいため、収入証明書を必ず提出する必要があります。

収入証明についてさらに詳しくはコチラ

 

プロミス審査で有効な収入証明書の種類

プロミス審査で有効な収入証明書の種類
いざ収入証明書を提出するとなった時、プロミスの審査では「どのような書類が収入証明書として認められているのか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

何も知らないでプロミスから「収入証明書を提出してください」と言われても焦ってしまうだけです。

プロミスに申し込みする前にどんな書類が収入証明書として認められているのかきちんと把握しておきましょう。

収入証明書の種類はプロミスの公式サイトでも確認することが出来ますので、必ず一度目を通しておくと良いですよ。

プロミスが収入証明書として認めているのは「源泉徴収票」「確定申告書」「税額通知書」「所得証明書」「給与明細書」です。

源泉徴収票は1月1日から2月末日に提出する場合は明する年度が前々年度以降のもの、3月1日から12月31日の場合は前年度ものでないとプロミスではダメですので注意しましょう。

確定申告書は前年分のものとなります。

給与明細書は直近2ヶ月分を提出しなければいけません。

ただし、直近1年間に賞与がある場合は1年分の賞与明細書も併せてプロミスに提出してください。

 

プロミスで増額する際には収入証明書は不要?

プロミスで増額する際には収入証明書は不要?
プロミスでは利用実績に応じて増額させることも可能です。

ですが、その場合はプロミス新規契約時と同様に「適正かどうかの審査」を受ける必要があります。

ですので、仮にプロミスで「限度額を増額したい」という場合、必ず「増額審査」を受けなければならないということです。

では、そのプロミスの増額審査では収入証明書は必要なのか?

もう一度、プロミスに収入証明書を提出しなければいけないのでしょうか?

これに関してですが、仮に増額後の限度額が50万円を超える場合であれば、プロミスの増額審査で再度収入証明書を提出しなければなりません。

プロミスで増額時でも「一定の金額を超えれば収入証明書が必要になるという条件」は基本的に変わらないのです。

ちなみに他社からの借入残高と、プロミスの増額後の限度額が合計して100万円を超える場合も、プロミスでは収入証明書を必ず提出しなければいけないのです。

では、既にプロミスでの限度額が50万円以上であり、それ以上に増額したい場合はどうなのでしょうか?

限度額を増額するということは、プロミス側からしてみれば「大口の金額を貸す」ということです。

となれば、返済に対するリスクは高まるため、多くの場合、収入証明書の再提出を求められるでしょう。

もちろんプロミスが提出を求めた場合は収入証明書を提出するようにしてください。

収入証明書の提出を求められたのに提出しなかった場合は、プロミスで増額が出来ないばかりか「減額になる可能性」もありますので注意してください。

ちなみに、プロミスに限らず増額審査の際は「年収」も重要な審査ポイントになります。

その年収を知るためにはやはり収入証明書は必要不可欠となるわけです。

最後に1つ注意点ですが、プロミスでは収入証明書を提出すれば必ず増額できるわけではないです。

限度額の増額では収入状況だけでなく、これまでの利用実績も加味されます。

ですので、収入証明書を提出したとしても返済延滞があればプロミスで増額は難しいでしょう。

このように、プロミスで増額審査を希望する場合は、ほぼ間違いなく収入証明書を提出しなければいけないと考えておいた方がよいでしょう。

限度額の増額についてより詳しくはココ

 

収入証明書を偽造するのはやめよう!

収入証明書を偽造するのはやめよう!
プロミスでは借入限度額が一定額を超える場合には収入証明書が必要になります。

収入証明書は源泉徴収票や給与明細書、確定申告書が認められています。

本人確認書と違っていつも持ち歩いているわけではありませんので、提出となった時に準備するのはやや面倒に感じることでしょう。

もし収入証明書を紛失してしまったりしてしまえば再度発行しなければいけませんので、直ぐに発行できないケースもあります。

だからといって「他人の収入証明書」をプロミスの審査で使うようなことは間違ってもしないでください。

また、中にはアリバイ偽造会社に依頼して収入証明書を偽造してプロミスに提出する方もいらっしゃいます。

少しでもプロミスの審査に有利になるように利用するようですが、これは立派な犯罪行為ですので絶対に止めましょう。

 

プロミスへの収入証明書の送信方法は?

プロミスへの収入証明書の送信方法は?
プロミスでは申込み金額によっては収入証明書や所得証明書を提出しなければなりません。

では、プロミスの審査の時は一体どうやって収入証明書などをプロミスに送ればいいのでしょうか?

プロミスへの収入証明書の提出方法は3パターンあります。

まず、1つはEメールやスマホのプロミスアプリを利用し、カメラで写真撮影したデータをアップロードして送る方法です。

この方法がが非常に楽なので、多くの場合この方法でプロミスに収入証明書を提出する人が多いようです。

次に2つ目の方法として「プロミスの店舗に直接出向き、収入証明書を提出する」という方法です。

この方法は直接プロミスまで足を運ぶ必要があるため、多少面倒であり、あまり御子縄てない提出方法といえるでしょう。

最後にFAXで収入証明書をプロミスに送る方法です。

この方法は家にFAXがあれば非常に簡単ですので、Eメールやスマホアプリについで人気があります。

また、コンビニなどでもFAXを利用できますので、家にFAXが無くてもプロミスに収入証明書を送ることは可能でしょう。

このように、プロミスに収入証明書を送るという方法だけでも3パターンあるので、自分にあった方法を選ぶのがオススメです。

 

収入証明以外でプロミス審査で必要な書類は?

収入証明以外でプロミス審査で必要な書類は?
収入証明書はプロミスへの申込希望金額により必要か不要かは変わります。

では、収入証明書以外でプロミスの審査の時に必要なものは何なのでしょうか?

これに関しては、必ず「本人確認書類」が必要となります。

本人確認書類は「普通免許証」「健康保険証」「パスポート」のどれか1つを提出すればOKです。

ただし、これらの本人確認書類に「異なる現住所」が記載されている場合は、「国や地方の納税証明書」「社会保険料の領収書」「公共料金の領収書」「住民票の写」のどれかを一緒に提出する必要が出てきます。

ちなみに、プロミスでは「学生証」などは本人確認書類としては認められていないようですね。

このように、プロミスの審査では本人確認書類が必ず必要書類として提出しなければいけません。